ネクストライフデザイン

INFOネクスト通信

家計を助けて、幸福を増やす。健康な暮らしのメリットとは?vol.4 イメージ
2021/04/18

家計を助けて、幸福を増やす。健康な暮らしのメリットとは?vol.4

これまで「ネクストの家」が叶える住まいについてご紹介してきましたが、今回最後に少し視点を変えて、実際に健康な暮らしによるメリットについて考えてみましょう。 体のメンテナンス・医療費も1人あたり年間9,000円削減 まず、健康になることで病院にかかる医療費がカットされます。 実際に、断熱性能が高い家に住むことで、一人あたり平均で年間9,000円ほど医療費が削減したというデータ(※1)も出されています。 単純計算になりますが4人家族で換算すると、30年間で100万円削減可能です。※1 伊香賀俊治「健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価」日本建築学会環境系論文集、Vol.76、No.666pp.735-740 病気の手前“未病”にご用心 健康について、もう少し詳しく考えてみましょう。 まず、健康と病気はきっかりと分かれているわけではありません。健康な状態にも、この二つの段階があります。 全く問題のない状態と、“医者にかかるほどでもない不調”を抱えている状態。体の調子がよく、毎日元気で暮らせているようであればいいのですが、後者の場合は、病気の一歩手前、東洋医学で言う「未病」と呼ばれる段階です。 このまま不調が重なれば、病気になってしまうことも…。逆に言えば、この未病の状態で改善できれば、体への負担も家計への負担も少なくて済むのではないでしょうか。さらに、「病気の予防」と「未病を防ぐこと」には大きな違いがあります。未病を防ぐには、「特定の病気を予防するのではなく、心身全体をより健康な状態に近づけることが重要」とされています。 厚生白書(平成9年度版)「未病とは」より抜粋https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000622185.pdf 幸せな暮らしのカギは健康寿命にあり また、こんなデータもあります。日本は世界でもトップクラスの平均生涯寿命を誇っていますが、自立した日常生活を送ることができる期間「健康寿命」と生涯寿命の差も諸外国より長いとか。この「生涯寿命」と「健康寿命」の差には、それだけ寝たきりや認知症などの介護を必要とする年数があるということ。 できるだけ健康なまま長生きすることが、社会的にも大きな課題になっているのです。 平成 26 年版 厚生労働白書P135より流用 健康で幸せな暮らしのために住宅ができること ちなみに、海外では健康をむしばむ未病への意識がしっかりと根付いているそうです。 例えば、欧米では日本よりもはるかに厳しい食品添加物基準を設定していますし、住宅についても早くから室温の低温対策に取り組んでいます。日本も最近国をあげて高気密・高断熱の住宅に力を入れるようになりました。 「ネクストの家」でも、住宅のさらなる機能性向上に加えて、体の免疫機能を高めるFFCテクノロジーを導入。病気につながる未病の状態から自分で解決できる活力あふれる体づくりもサポートしています。 痛みに悩んだり、治療にかかる時間が減ったら、その時間で何ができるでしょうか。快適なリビングで家族との団欒を楽しんだり、自分の空間で趣味に没頭したり、さまざまな楽しみが待ち受けているはずです。 健康な暮らしのメリットまとめ 一人あたり平均で年間9,000円ほど医療費を削減未病を防ぎ体への負担も家計への負担も少なくできるだけ健康なまま長生きし、健康寿命を延ばし “健康”で“幸せ”な暮らしを長く続けられる住まい。これが、「ネクストの家」が目指す家づくりです。ぜひ一度、モデルルームで体感してみてください。 NEXTの家づくり4つの特長

植物園から生まれたFFCテクノロジー。その効能を解説。vol.3 イメージ
2021/04/17

植物園から生まれたFFCテクノロジー。その効能を解説。vol.3

「ネクストの家」に採用されているFFCテクノロジー。人体に備わる免疫機能に注目したこの技術は、一体どのような効能をもたらすのでしょう。 今回は、FFCテクノロジーを「免疫住宅」として製品化されている「株式会社ウッドサークル」代表取締役の江頭新太郎様にお話をお聞きしました。 動画でのインタビューはこちら FFCテクノロジーとの出会い 江頭社長によると、建材に活用する以前に意外な形でFFCテクノロジーを知っていたそうです。 江頭社長実は、住宅にこの技術を用いたのはだいぶ後の話なんですよね。そもそもの始まりは、先代社長である私の父が『間伐材の有効利用研究会』を立ち上げたことから。間伐材(※)の有効利用を目的として“木のトレー”を開発したんですが、、梅雨の時期にカビが発生してしまって…。食べ物をのせるトレーなので、カビ防止の薬剤を使うわけにはいかない。いろいろと試している中で、母が飲んでいたFFCの健康飲料水に目を向けました。母はひどい偏頭痛に悩んでいたのですが、その飲料水を知り合いに勧められて飲んでいたら改善したという。それでうちの父が飲料水の製造元を調べてコンタクトを取ったんです ※間伐材…密集化した森林の立木を間引く「間伐」で発生する木材のこと。樹間が詰まっていると台風や大雨で地滑りなどの災害を引き起こす可能性があるため、環境保全のためにも間伐が進められている。 江頭社長父がFFCテクノロジーの開発元を訪れると、そこは『赤塚植物園』という植物園でした。園内の植物にFFCテクノロジーで生成した水を与えているそうです。でも、その水が肥料になったり、直接的に病気が治ったりするわけではない。植物が育つ土壌の“酸化と還元のバランス”を整えるために使われていたんです。環境が整うことで、土中の微生物が病気の元になるカビや化学物質をしっかりと分解できるようになり、植物も元気に育っていたんですね。 酸化と還元のバランスに注目 江頭社長のお話で出てきた「酸化と還元のバランス」というキーワード。実は、酸性雨や化学物質など環境汚染の影響で多くの土壌は酸化傾向にあるそうです。「酸化」とは、「物質が酸素と化合すること、または水素を失うこと」。 分かりやすい例で言えば、木が腐ったり、釘が錆びたり…。私たちの身の回りで探すと「劣化する」「ダメージを受ける」といった反応が多いですね。 「酸化」の反対は「還元」と呼ばれています。つまり「酸素と化合した物質から酸素を奪うこと、またはある物質が水素と化合すること」。 酸化が問題ならば土壌を全て還元してしまえばいいのかと言えば、それもまた問題です。生物に必要な酸素を奪ってしまうわけですから。酸化しすぎても、還元に偏りすぎてもうまく植物は育ちません。酸化と還元のバランスを適正に保つことで、生物が本来持っている生命力を発揮することができるのです。 そして、そのバランスを整えるのが、FFCテクノロジーというわけです。ウッドサークルの皆さんが赤塚植物園で目の当たりにしたのが、まさにこの検証だったのですね。もしかして同じような話を、どこかで聞いたことはありませんか? そうです、前々回、前回とブログでご紹介した「人体の免疫機能」です。 FFCテクノロジーを施した家に住むことで、人の体の中で菌やウイルスを防ぐ善玉菌を活発化し、害をもたらす悪玉菌を抑制する働きがあると説明しましたね。土壌=住まい、土壌に育つ植物=私たち、と置き換えてみると分かりやすいのではないでしょうか。 ウッドサークルさんは、FFCテクノロジーで木製トレーのカビを見事に防ぐことに成功。一緒に動いていた大学の研究機関から『この技術をトレーだけに使うのはもったいない』と勧められ、住宅建材への応用がスタートしたそうです。 比較実験でわかるFFCの効果 ウッドサークルさんでは、FFCテクノロジーについてさまざまな実験を進められ、いずれも成果が認められています。例えば、FFCテクノロジーを施した本とそうでない本を用意して、その上にバラの切り花を置きます。(切り花をさしたコップの中の水はどちらも普通の水です) 気温も湿度も日当たりも同じ環境で、そのまま1ヶ月… FFC未処理の本の上のバラ 本のインク(化学物質)の影響で健康被害を受け、早期に枯れてしまいました。 FFC処理した本の上のバラ インクの化学物質をFFCテクノロジーが分解することで、バラの品質が損なわれることなく本来持つ生命力のまま生きることができたのです。 もっと知りたい方は、ぜひウッドサークルさんの「免疫住宅」のサイトをのぞいてみてください。Facebookホームページ 江頭社長へ独自インタビューを行いました。ぜひご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=8iszJyZ0qGs https://youtu.be/txCMQVIfmD4 https://youtu.be/plh_o3ZqBWs https://youtu.be/L3cWOsObDP0 さて、植物を育む土壌にヒントを得て生まれた健康住宅のアイデア。その効果を実感できるのは、はっきりとした疾患や病気を抱えている方だけではありません。長く付き合う我が家だからこそ、誰もが健康な住まいの重要性について目を向けてみる必要があるのではないでしょうか。 参考資料免疫住宅「おいしい空気の吸える家」http://www.immwood.jp/Facebook赤塚グループ「土壌改質」 https://www.akatsuka.co.jp/soil/ 次回は最後になります。健康な暮らしのメリットをお届けします。

「住宅が健やかであること」が快適性への第一歩。住まいにおけるFFCテクノロジーの働きとは?vol.2 イメージ
2021/04/12

「住宅が健やかであること」が快適性への第一歩。住まいにおけるFFCテクノロジーの働きとは?vol.2

住む人の健康”という視点から、私たちが家づくりに取り入れた「FFCテクノロジー」。ヒトの体が持っているバリア「免疫機能」の働きを活性化させる事で、さまざまなストレスを解決する技術ですが、「ネクストの家」ではどのような形で取り入れているのでしょうか。 前回のブログ:健康な家づくりを実現するFFCテクノロジーを活用した免疫住宅 vol.1  今回はFFCテクノロジーと家づくりについてご説明します。 昔の住宅はまさに理想の健康住宅 まずはじめに、「健康に暮らせる住宅」といえば、どんな建物を思い浮かべますか? 化学物質を使わない、湿気やカビに負けない、夏は涼しく冬は温かい、温もりがあり心が落ち着くような佇まい… ここ最近の技術向上で住宅の性能は上がっているものの、昔ながらの木造の日本家屋をイメージする方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、100年以上前の大きな梁を備えた茅吹き屋根の古民家。中に入ってみると、その心地よさに驚いたことはありませんか?  こういった古い家の中には、当然ホコリやカビなどもあるはずなのに、シックハウス症候群やアレルギーなんて話は聞いたことがありません。これは、家の中の柱や床に自生している土着菌がよそから入る雑菌をシャットアウトしているから。家の中で自浄作用が成り立っている環境、それこそが理想の住まいなのです。 現代でも安全な家を作りたいと、天然木や化学物質を使わない建材を望まれる声が年々高まっています。でも、天然素材は非常に高価で数も希少ですし、全て安心というわけではないのです。 天然の木材でも100%安全ではない現代 天然素材の代表格といえば木材です。 特に湿気が多い日本では、調湿作用がある木材は“呼吸する素材”として住まいに欠かせない存在。しかし、昨今では酸性雨や大気汚染の影響を受け、木材そのものの機能は著しく下がっています。 それだけではありません。漆喰や珪藻土などにも化学薬品が使用された商品が多く出回っています。地球のために環境保全に取り組む一方で、汚染された天然素材や薬剤処理をされた建材に住宅建築のプロとしてどう向き合うか。 FFCテクノロジーの導入はこの課題に取り組んだ結果でもあるのです。 住宅も人体も同じ目線で考える 「NEXTの家」の場合、FFCテクノロジーが活用されるのは家を建てる前。 FFCテクノロジー加工のパイオニアである大川市「株式会社ウッドサークル」様にご協力いただき、工場で建材に「水溶性二量体鉄塩(Fe2・Fe3)」(水に溶ける鉄ミネラル)を浸透させます。この成分が建材を構成する物質の内部に含まれていた水分と結びつき、「活性結合水」に変換。化学物質や汚染物質は分解され揮発し、細胞内部に常駐する善玉菌の働きを促すのです。 善玉菌と言えば、前回ご紹介した人体の免疫機能にも登場しましたね。人体と同じように、建材自体の環境をあるべき姿に整える事で住みやすく快適な環境を手に入れる事ができるのです。 水溶性二量体鉄塩のヒミツ ちょっと耳慣れない「水溶性二量体鉄塩(Fe2・Fe3)」という物質。これは水に溶ける2種類の鉄ミネラルなのですが、そのルーツは地球に生命が誕生した時代にさかのぼります。実は、当時の海水にはこの鉄ミネラルが豊富に含まれていたそうです。まるで母親の羊水のように、すべての生命を生み育んできた大いなる海のイメージを元にFFCテクノロジーが開発されました。 加工の様子 株式会社ウッドサークル様でのF F Cテクノロジーの加工の様子。霧のような水溶性二量体鉄塩(Fe2・Fe3)の水滴が充満する倉庫内にクロスなら約3日、フローリングなら約4日ほど入れます。 FFCテクノロジーが住宅にもたらす影響 FFCテクノロジーを施した建材で建てられた住宅は、このような効果が期待されています。 樹木がつくりだす腐敗菌などを抑える 脱臭・除湿効果マイナスイオンの発生によるリラックス効果 遠赤外線放射効果が上がる 人の新陳代謝を活発にし、免疫力を強める健康バリアをつくりだします。 どんな素材にも活用できる 木材・合板・クロス・布・ガラス・金属・珪藻土・漆喰・皮・紙など、多彩な材料に適用O K 効果は半永久的に持続 建てる前に加工を施すことで、その効果は半永久的に続きます。詳しくはこちらもチェック免疫住宅「おいしい空気の吸える家」 とはいえ、実際に住んでみないと効果を実感するのは難しいですよね。FFCテクノロジーについてもう少し理解を深めるために、この技術にいち早く着目し、建材や家具への加工に取り組まれている株式会社ウッドサークルの江頭社長にお話をお聞きしました。 ハーバード大学や国内の大学などによって研究がなされ、さまざまな効果が証明されているFFCテクノロジー。今や住宅だけではなく医療や生産の現場でも活用されているそうです。次回詳しくお届けします。

健康な家づくりを実現するFFCテクノロジーを活用した免疫住宅 vol.1 イメージ
2021/04/10

健康な家づくりを実現するFFCテクノロジーを活用した免疫住宅 vol.1

ネクストの家では健康な家づくりのためにFFCテクノロジーを活用した免疫住宅をご提案しております。今回は4回に渡りFFCテクノロジーと免疫住宅についてお伝えできればと思います。 次世代の家づくりには健康が重要 次世代の家づくりを考える上で、避けては通れないのが健康問題です。 高気密化が求められる現代住宅では、建材などから発生する化学物質などによる室内空気の汚染、それによる健康被害が問題となっています。 いわゆる「シックハウス症候群」です。目がチカチカしたり、鼻水やのどの乾燥、吐き気や頭痛など、症状はさまざま。病院に行くほどでもないけれど、不調な状態がずっと続いているという人もたくさんいます。 そのストレスの原因が“我が家”によるものであるなら、家づくりは失敗と言わざるを得ません。 4つの現代住宅の問題 住まいにおける健康障害は、ほとんどが4つのストレスによるものです。 物理学的ストレス…暑さや寒さなど、物理的環境によるもの生物学的ストレス…カビやダニなどの生物によるもの科学的ストレス…薬剤、香害など化学物質によるもの精神的ストレス…精神的に感じる負担。上記の3つのストレスが引き金になることも… カビやダニなどの生物学的ストレスを解決するために薬剤を使用すると、その薬剤がさらにストレスになってしまうなど、現代のストレス事情は複雑に入り組んでいます。 いくら最新の機能を備えていても、そこに住む私たちが健やかに過ごせなければ意味がありません。“住む人の健康”という視点で家づくりを考えた私たちネクストの家が出会ったのが、FFCテクノロジーを活用したFFC免疫住宅です。 FFC免疫住宅はどんな効果? FFC免疫住宅とは、人体にとって一体どんな効果をもたらすのでしょうか?実際にFFCテクノロジーで建てられたFFC免疫住宅に住んでいらっしゃるお客様にお聞きすると、さまざまな声が寄せられました。 「新築特有の匂いがしないので空気をおいしく感じる」「咳の数が少なくなった」「よく眠れるようになった」 実際のお客様の声をご紹介 https://www.youtube.com/watch?v=-48suyIv7og&t=4s お客様の健康状態や体質などにより実感できるメリットはさまざまです。 実は、“住む人ごとに感じ方が違う”というのもFFC免疫住宅の特徴です。と言っても、人の数だけ異なるストレスに対して一つ一つ対応した機能を搭載している訳ではありません。どんな原因があっても、ストレスを感じるのは自分の身体。つまり、ストレスに負けない身体をつくればよいのです。 その鍵になるのが、人間なら誰もが持っている「免疫機能」の働きです。 免疫機能の役割 体の外から侵入するウイルス、カビなどに含まれ、人体に害をもたらす「悪玉菌」。 それを防ぐのが「善玉常在菌」です。免疫機能にとって、善玉常在菌の働きが活発になることは、さまざまなストレスから身体を守ることにつながります。 住宅に使われる建材にFFCテクノロジーを施すことで、付着した悪玉菌を抑制し、善玉菌の増殖を促す働きがあります。つまり、FFC免疫住宅に住んでいるうちに、自然と免疫機能を高めてくれるのです。 ヒトの免疫機能を壊してしまう現代住宅の抗菌・殺菌加工 悪玉菌を防ぐことが重要であるなら「家の中に抗菌加工をほどこせば解決するのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。 最近ではコロナの影響もあって抗菌や殺菌加工をウリにしている住宅も多く見かけます。でも、菌がいなくなるということは、善玉菌もなくなるということ。 そうなると、人間の免疫力は下がってしまい、かえって悪玉菌に過敏に反応してしまうのです。抗菌加工を施した家の中はまだしも、一歩外に出て悪玉菌に触れてしまえば、弱った免疫力ではガードできず体内に取り込まれてしまうことになりかねません。 だからこそ、人間が本来持っているバリア、免疫機能の働きを下げないことが大事なのです。 無菌状態というのはむしろ害 早くからこの免疫機能や善玉菌と悪玉菌の存在に注目していたのが、ベビー服業界です。 「これから免疫形成が必要な子どもにとって無菌状態というのはむしろ害になる」そう考えて抗菌加工を止めたメーカーがたくさんあります。 その反面、住宅業界はまだまだ抗菌加工の危険性が認知されていません。 シックハウス症候群を招いたのは、住宅の機能性を追い求めて、そこに住む人の身体に向き合っていなかったことが原因ではないでしょうか。 こういった状況を踏まえて、「ネクストの家」ではFFCテクノロジーを活用した健康な暮らしをご提案しています。次回は、FFC免疫住宅のメリットについて掘り下げてみましょう。 参考資料厚生労働省「生活環境におけるシックハウス対策のページ」https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei/sick_house.html免疫住宅「おいしい空気の吸える家」http://www.immwood.jp/