ネクストライフデザイン

INFOネクスト通信

今どき夫婦のための家事ラクポイント〜洗濯動線編〜 イメージ
2020/08/27

今どき夫婦のための家事ラクポイント〜洗濯動線編〜

こんにちは! ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。 家事は毎日のことだから少しでもラクに、楽しくできたらいいですよね。今どき夫婦が家事ラクを叶えるためのポイントをご紹介しているこのシリーズ。今回は「洗濯動線編」をお届けします。 家事の時短を叶える動線のポイント 家事の時短を叶える理想の動線は、「玄関」から「シューズクローク」「ウォークインクローゼット」「物干しスペース」「洗面脱衣室」「キッチン」と繋げた間取り。家事にまつわる一連の動線を短く、シンプルに繋げることが家事の時短を叶えるポイントです。 帰ってきてキッチンやリビングに行くまでに、着替えや手洗いなど全てを終わらせることができます。お子様もこの動線なら2階に上がる前に着替えやお風呂を済ませることだってできちゃいます! 洗濯の家事ラクは「作業を省くこと」で叶える! 「洗面脱衣所」、「物干しスペース」、「ウォークインクローゼット」が繋がっている間取りは、洗濯にまつわる「洗う」、「干す」、「しまう」が一気に完了します!多くの方が負担を感じている「たたむ作業」はできるだけ省き、「吊るす」ことで解決。洗った衣類を隣の物干しスペースで干して、その隣のウォークインクローゼットに吊るして洗濯完了です。洗面脱衣所とキッチンが隣接していて料理の合間に洗濯ができるのも、家事ラクを叶えるコツです。 室内物干しスペースを作らない場合はどうしてるの? 室内物干しスペースを作らずに、乾燥機付きの洗濯機で完了させる方や浴室乾燥機を使う方、脱衣所やLDK横のスペースを使う方もいます。ただ、2階に干すことはおすすめしません。「洗濯物を持って上がって、乾いたものをまた持って降りる」この作業、結構な労力と時間を使います。それが毎日続くとなると・・・?家事ラクを叶えるためには、“洗濯にまつわる動線を短く“が鉄則です。『動線を制する者が家事ラクを制する』そう言っても過言ではないほど重要な家事動線。NEXTの家は経験豊富な女性設計士も多く在籍しているので、使う人の目線での家事ラク動線を提案しています! 毎日の家事が楽しくなるアイデアがいっぱいですよ♪

よくある質問! 「リビングスタディ」ってどうですか? イメージ
2020/08/25

よくある質問! 「リビングスタディ」ってどうですか?

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。 はじめての家づくりは疑問だらけだと思います。今回は、お客様からよく質問いただく「リビングスタディ」についてご紹介します! 子どものリビングスタディが注目されている理由 東大生の多くがリビングで勉強していたということで注目されている「リビングスタディ」。NEXTの家でもリビングスタディを採用する方が多くなっています。LDKの一角にスタディスペースを作ることで、親の目が行き届くところで子どもが勉強できます。リビングスタディは子どもの集中力も養われると言われています。 コミュニケーションが増える家族共有のスタディスペース NEXTの家では、ダイニングの一角にスタディスペースを作ることもよくあります。キッチンに立ちながら、勉強するお子様に目が行き届く安心感を得られます。ダイニングテーブルの椅子をそのままスタディスペースに使えるというメリットも。 子どもだけでなく家族共有で使っていただけるので、新たなコミュニケーションの場を与えてくれます。 子ども部屋は多目的スペースに リビングスタディが増えるとともに、子ども部屋の考え方も変わってきています。子ども専用の個室として使う期間は十数年。子どもが小さいうちや就職・進学で家を出た後は空き部屋となってしまいます。 だから、先を見据えて「多目的スペース」として使えるように。洗濯物干しスペースや収納部屋、書斎・・・フレキシブルに使えるように、可変性の間取りを取り入れられると自由度がぐんと広がりますよ。“どんな暮らしをしたいか?”によって、間取りのつくり方は人それぞれ。NEXTの家の注文住宅では、一人一人の理想のライフスタイルに合わせたプランを、手が届く価格でご提案しています。

忙しい夫婦にオススメの家事ラクポイント〜キッチン編〜 イメージ
2020/08/20

忙しい夫婦にオススメの家事ラクポイント〜キッチン編〜

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。毎日のことだから家事の時間はできるだけ短くしたいですよね! 家事の時短や効率は、家の中の「動線」で大きく変わります。今回はキッチンの家事ラクを叶えるポイントを当社の設計士に聞いてみました! 「横の動き」を主体とした動線 家事ラクを叶えるポイントは、「いかに無駄な動きを短くできるか」。キッチンでの無駄な動きとは「移動」です。専業主婦なら1日8時間、仕事をしている主婦なら1日4時間を家事に使っていると言われています。そのうちのほとんどが実は「移動」に使っているんだとか! 驚きますよね。 買い物した食材を取り出す、冷蔵庫に食材をしまう・出す、食器を出す・しまう、料理の合間に洗濯や掃除をする・・・作業を洗い出してみると本当に移動だらけ。家事にはつきものの「振り向く」という動作も実は苦痛に感じるそうなんです。 だから、NEXTの家では「横の動き」を主体として、振り向く動作を極力減らした短い動線を提案。キッチンの裏側に作ることが多いパントリーや洗面脱衣所もキッチンの横につくっています。家事をよく知っている女性設計士の視点を取り入れながら、どこまでも使いやすいキッチンをカタチにしています。 食器棚やパントリーを選ぶポイント キッチンは、カウンターが漢字の「二」のように並列した二の字タイプが主流。食器やキッチングッズなど収納したいモノが少ない方には、腰ぐらいまでの高さの収納棚のみを提案しています。上部の空いたスペースを利用して壁面にタイルを貼ったり、オシャレなオーブンや炊飯器を置いてインテリアとしても楽しむスペースに。モノが多めの方には、吊り戸の収納をプラスして、上下の収納の間を遊びのスペースとして使っていただいています。 キッチンも料理をするだけの場所ではなく、遊びゴコロを感じる楽しいスペースになるように。家事の効率と時短を叶えながらライフスタイルが楽しくなる家づくりをお届けしています♪

カリフォルニアスタイルの家づくり〜LDK編〜 イメージ
2020/08/18

カリフォルニアスタイルの家づくり〜LDK編〜

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。 吹き抜けがある明るく開放的なLDK。自然を感じながらゆっくりくつろげる癒しの空間。アメリカの西海岸を思わせるカリフォルニアスタイルの家は、NEXTでも人気のデザインの1つ。一般的な住宅とどこが違うのか、今回はLDK編をご紹介していきます! 最大の特徴は広くて明るいLDK カリフォルニアスタイルのLDKの魅力は、なんと言っても「広さ」と「明るさ」。福岡市内に建てる場合は敷地に制限があることも多いですが、吹き抜けにして高さを出すことで広さと明るさをカバーする工夫をしています。高さが出るだけで18畳を20畳ぐらいに見せることだってできちゃうんです! 廊下をなくし、LDKに広さをプラス 小郡市三国ヶ丘にオープンしたモデルハウスもカリフォルニアスタイルを取り入れた家。実は、ここには廊下がありません。廊下を省くことで、その分の広さをLDKにプラス。その土地を最大限に活かし、今の時代のライフスタイルやトレンドに合ったデザインや間取りを採用しています。 リビングの収納は最小限に 多くの人が求めるリビング収納もできるだけ減らしています。リビングに大きな収納を作ってしまうことで、空間のバランスが悪くなってしまうからです。人は、モノが少なければ少ないなりの生活をしていくもの。新しい暮らしに本当に必要なモノを1つ1つ見極めながら収納の量やサイズを決めていきます。収納が少なければ、空間に抜け感が出て広さと開放感を感じるLDKとなります。 だからLDKの収納は最小限にして、代わりに階段下に収納を作ることで解決。モノをたくさんお持ちの方には外部収納もおすすめです。最近はオシャレなものも多いので、選ぶのも楽しいですよ! 新しい家ではどんなライフスタイルにしたいですか? せっかく家を建てるなら、今以上に楽しく幸せな毎日にしたいですよね!

土地にも強いNEXTが考える土地選びのポイント イメージ
2020/08/13

土地にも強いNEXTが考える土地選びのポイント

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。金額や立地、学校の校区など、土地を探すときにはそれぞれに譲れない条件があると思います。でも、条件だけで先に土地を決めてしまうと、理想の家づくりが難しくなってしまうかもしれません。 今回は、「土地選び」で失敗しないためのポイントをご紹介していきます! “こんな暮らしがしたい”というライフスタイルから土地を選ぶ 一般的に言われる「駅近」や「中心地に近い」などの条件は、確かに魅力的ですが、好立地であればあるほど価格は高く、面積は狭くなってしまう傾向に。その立地条件は、理想のライフスタイルを叶えるために本当に必要でしょうか? 大切なのは、「どんな暮らしがしたいか」を明確にすること。それによって、「どこに重きを置くか」が決まってきます。利便性を優先したいのか、広々とした空間や趣味を楽しむことに重きを置きたいのか。新しい家で始めたいライフスタイルから土地を選びましょう。 土地は「見極め」が大切 土地によっては、崖崩れなど将来的にリスクがあるような土地やプラスで工事が必要になるものもあります。それをきちんと見極められる、土地のプロから購入してほしいと思っています。私たちはお客様に負担を掛けてしまう土地は最初から除外。土地に精通したプロが将来性まで見極めた土地のみを販売しています。 癖のある土地も上手に活用 NEXTの家では、高低差がある土地や特殊な形をした土地など、一般的に難しいとされる土地も上手く活用して提供しています。少し癖のある土地ならコストを下げることができます。それができるのは、長年の経験とノウハウがあるから。土地も家も“誰から買うか”が大事です。NEXTの家では、土地探しから家づくりまでトータルでサポートしています。きっと想像を超えた良い出会いをお届けできると思います。

差を付けたいならNEXTの家の建売住宅 イメージ
2020/08/11

差を付けたいならNEXTの家の建売住宅

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。NEXTの家の建売住宅には注文住宅レベルの仕様を採用しています。一般的な建売住宅にはない高性能デザイン住宅です。だから“建売に見えない建売”なんです。 “遊びゴコロ”を感じるデザイン&間取り NEXTの家が提案しているのは、“遊びゴコロ”をプラスしたライフスタイルを楽しむ家。それは建売住宅でも同じ。ハウスメーカー出身の建築士がその土地に合わせてプランニング、流行りの間取りやデザインを採用しているので、一般的な建売住宅を超えたクオリティです! 先日ご成約いただいた老司のモデルハウスも遊びゴコロを感じるデザインを取り入れています。「老司の池が目の前にあるこの場所に建てたらどんな景色が見えるのだろう?」というところからイメージを膨らませ、カタチにしていきました。完成した広いLDKからは老司の池の景色を毎日楽しんでいただけます。 LDKで遊ぶ子どもの様子がキッチンからよく見えるように、リビングに段差をつけたり、廊下を省くことでLDKに広さをプラスするなどの工夫も。リビングと一体となった広いバルコニーも非日常を味わえる癒しの空間となっています。 次世代型の省エネルギーハウス NEXTの家は、建売住宅でも次世代型の省エネルギー基準を満たした「HEAT20G1」対応で、室内の断熱性と気密性を高める「ハイブリッド構造の窓」も使用。「HEAT20G1」は、省エネルギーハウスのZEHの上を行く、高い断熱性と室内の快適性を実現する次世代型の省エネルギー住宅。高い断熱性と気密性で夏は涼しく、冬は暖かい家を実現しています。(※物件によっては、仕様が異なる場合がございますので、詳しくは担当に確認ください。) ハイクオリティなのに低価格 「これだけのデザインと性能なのに本当にこの金額でいいんですか?」皆さん、そう言って驚かれます。建売住宅なら打ち合わせコストもかかりません。さらに、高い性能を備えているので住んでからの光熱費を抑えることができるなど、コストパフォーマンスが高いのも魅力です。満足されたお施主さんから多くのご紹介もいただいております! 小郡市三国ヶ丘のモデルハウスは建売住宅として販売もしています。 ぜひ見学にお越しください!

NEXTの家だから夏でも涼しい!吹き抜けがある暮らし イメージ
2020/08/06

NEXTの家だから夏でも涼しい!吹き抜けがある暮らし

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。吹き抜けへの憧れはあっても、「光熱費高くなるんじゃないの?」「夏は暑いんじゃないの?」といったお声もよく聞きます。でもNEXTの家なら大丈夫! 家を支える高い性能が備わっているので、吹き抜けによって光熱費が高くなってしまったり、夏の暑さを感じやすくなるなんてことはありません! 高性能な断熱材で吹き抜け部分の暑さを防ぐ 吹き抜けにすることで暑さを感じやすくなるのは、吹き抜け付近に溜まる暖かい空気が原因。NEXTの家では、屋根や壁の断熱材の仕様を強化し、それによって外気から受ける温度の影響を最小限に抑え、断熱効果を高めています。だから吹き抜けがあっても夏は涼しく、快適に過ごせるんですよ! 省エネ効果で光熱費を抑える 吹き抜けにはシーリングファンを設置して、部屋全体にエアコンの空気を回しています。高気密・高断熱住宅だから冷房効率を高め、省エネ効果も抜群! 「NEXTの家に住み始めて光熱費が安くなった」というお声もよくいただいているんですよ。暑さも光熱費も気にせず、オシャレな吹き抜けの空間を楽しんでいただけます。 断熱性と気密性が高いハイブリッド窓を採用 窓には断熱性と気密性が高い「ハイブリッド構造」のものを採用しています。ハイブリッド構造の窓は、窓の外側には劣化しにくいアルミを、室内側には断熱性が高い樹脂を使った次世代型の高性能窓。メンテナンス性も高いので、毎月の光熱費を抑えながら長く快適に過ごせる家を実現します。住んでからのこともしっかり考えて体にもお財布にもやさしい家づくりをしたいですよね。デザインも性能もNEXTの家にお任せください!

ワンランク上のライフスタイルを楽しむNEXTの家 イメージ
2020/08/04

ワンランク上のライフスタイルを楽しむNEXTの家

こんにちは!ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。NEXTの家にご来場いただくお客様は、サーフィンやグランピング、バイクなど、趣味を楽しむ方が多くいらっしゃいます。そんな方のためにワンランク上のライフスタイルを楽しむプラスαの空間を提案しています! 抜け感のある明るく開放的なLDK 壁や仕切りをなくし、天井の高さをあげることで抜け感を出した広いLDK。吹き抜けから太陽の光が燦々と降り注ぎ、明るく開放的な空間をつくっています。さらに廊下も極力なくし、その分をLDKの面積にプラス。空間をめいっぱい使って広さを確保して、外の景色を楽しみながら家族がくつろげる場所を提案しています。 非日常も日常の中に 庭のように使っていただける中庭や広いバルコニーは、自然を感じる癒しの場所。お子様の遊び場としてはもちろん、朝日を浴びながらヨガをしたり、コーヒや読書を楽しむ場所にも。休日には家族や仲間たちとバーベキューを楽しむ場所としても大活躍! 広い庭を持つのが難しい限られた土地も工夫次第。今流行りのベランピングやホームキャンプといった山や海に出かけるような非日常を日常でも味わえちゃいます! 趣味を楽しむフリースペース 最近は、和室を持たない代わりに家族共有のフリースペースを作る方も増えています。今増えているテレワークスペース、ジムやボルダリング、アトリエ、書斎など、使い方は人それぞれ。大人の部屋は寝室のみだった時代は今や過去になり、大人も子どもも“個”のスペースを持つ時代に変わりつつあります。「家族の時間も自分の時間もどっちも大事!」そんな生き方を大切にしたい方のためのアイデアをたくさんご用意しています!NEXTの家は皆さんの“こんな暮らしがしたい!”をカタチにします♪ぜひ、モデルハウスにも見学にお越しください。 ▼YouTubeで小郡市三国ヶ丘モデルハウスのルームツアー開催中♪↓↓↓https://www.youtube.com/watch?v=hyHC6ZSOsI4