ネクストライフデザイン

ネクスト通信
2021/07/13

【9月末締切り!】お得な注文住宅の住宅ローン減税特例措置

【9月末締切り!】お得な注文住宅の住宅ローン減税特例措置 イメージ

こんにちは!
NEXTの家の広報担当です。

コロナ禍で延長となっていた「住宅ローン減税」の特例措置ですが、対象となる期限が迫っております! 注文住宅、建売住宅どちらの購入でも負担を軽減できる制度なので、ぜひチェックしてみてください!

住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税から10年間控除される税制優遇制度です。例えば、年末の住宅ローン残高が3000万円の場合、最大30万円が戻ってきます。
※控除額は最大で40万円。ローン残高と最大控除額のいずれかの小さい方の額が適用。

また、消費税率10%が適用される住宅を購入した場合は、控除期間が3年延長されて13年間控除が受けられる特例があります。

新型コロナウイルスによる住宅ローン減税の特例措置

当初は、2020年12月31日までに入居できること(契約から6ヵ月以内の入居)が住宅ローン控除の適用条件でした。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大により工事の遅延や期日までの入居が間に合わないといった事態が起きてきたため、下記の適用条件を満たせば、住宅ローン減税を受けられることとなりました。

〈 特例措置の適用条件 〉
●注文住宅を新築する場合:2021年9月末までにご契約、2022年12月31日までに入居
●建売住宅を購入する場合:2021年11月末までの契約、2022年12月31日までに入居

注文住宅をご検討されている方は9月末で締切りとなりますので、お急ぎください!
NEXTの家では注文住宅と建売住宅の両方を扱っています。購入を迷っている方もぜひご相談ください!