ネクストライフデザイン

ネクスト通信
2021/06/22

夏の光熱費を下げる家づくりのコツ

夏の光熱費を下げる家づくりのコツ イメージ

こんにちは!
NEXTの家の広報担当です。

「NEXTの家に住んでから光熱費が安くなりました!」
「暑い日もとっても快適です!」

NEXTの家で暮らし始めたお客様からは、こんな喜びのお声をよくいただきます。
今回は、夏の光熱費を下げる家づくりのコツをご紹介します!

高性能な断熱材を使う

断熱材の種類や施工方法によって、断熱性能に差が出ます。施工部分に小さな隙間ができてしまい、十分な断熱性能を発揮できないものもあります。
NEXTの家で採用しているのは、水から生まれた環境にやさしいアクアフォームLITE断熱材。現場で発泡させるので、柱や壁と断熱材の間の隙間を密に埋めることができ、高い断熱効果を発揮します。

暖かい空気は、天井付近に溜まります。特に吹き抜けがある家が夏の暑さを感じやすいのは、このことが原因です。そこで、NEXTの家では、屋根や壁の断熱材の厚みを増して、外気から受ける温度の影響を最小限に抑えています。夏でも室内温度が上昇しにくくなり、温熱環境が改善されます。冷房温度を高めに設定しても涼しく感じ、省エネ効果も期待できます!

断熱窓&サッシが外気の影響を減らす

アルミと樹脂を片側ずつに使ったハイブリッド窓は、高い断熱性と気密性を発揮します。雨風の影響を受けやすい外側には劣化しにくいアルミを、断熱効果を高めたい室内側には樹脂を使用したスグレモノ! アルミと樹脂のそれぞれの良さを掛け合わせた高性能窓です。
メンテナンス性も高いので、夏だけでなく年間を通して光熱費を抑えます。

太陽光発電を活用する

新築住宅では2030年までに、太陽光発電によって創造するエネルギー量と消費エネルギーの差をゼロにするZEHの家づくりが推奨されています。省エネ効果はもちろん、環境にもやさしい家づくりができます。
NEXTの家は、ZEHを超える「HEAT20・G1」レベルも対応できます! 最小限の冷暖房だけで冬あったかく、夏涼しい家を実現します。

高性能な次世代型の省エネルギー住宅なら、小さなエネルギーで快適な住まいを実現します。体にも環境にも、そしてお財布にもやさしい家づくりです!