ネクストライフデザイン

ネクスト通信
2020/12/15

今の時代にぴったりなワークスペースの紹介

今の時代にぴったりなワークスペースの紹介 イメージ

こんにちは!
ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。

新型コロナの影響でリモートワークが増えたことによって、「おうちの中でいかに快適に仕事をするか」は、多くの人のテーマになっていますよね!

リモートワークは、これからの働き方のスタンダードになるとも言われています。そこで今回は、これからの家づくりに欠かせないワークスペースをご紹介します。

LDKの一角につくったスタディスペース

リビング階段のデッドスペースを上手く活用したスタディスペースは、お子様の学習にも仕事にも使える共有のスペース。家族で過ごすリビングにあるので、仕事をしながら家族の存在を感じることができます。仕事の合間に家事をすることもできるのも嬉しいポイント! 忙しい共働き夫婦にぴったりのワークスペースです。

寝室のロフト下のワークスペース

「リビングのワークスペースでは捗らない」という方におすすめなのが、寝室のロフト下につくったワークスペース。寝室にありながら、ロフトの階段で就寝スペースと作業スペースを区切っているので、夜でも作業に集中しやすいスペースです。

限られたスペースでも工夫次第でぐんと快適に過ごせるようになりますよ♪

独立型のワークスペース

生活空間と隔てた専用のワークスペースは、仕事に集中できる間取り。WEB会議などもしやすい環境を整えられます。資料を整理するための収納棚やプリンター置き場など、ワークスペースとしての機能性も充実させることで仕事がしやすい空間に。仕事以外の時間は、読書を楽しむ書斎にもおすすめです。 リモートワークも快適に、ライフスタイルに合う間取りを選びたいですね♪