ネクストライフデザイン

ネクスト通信
2020/08/20

忙しい夫婦にオススメの家事ラクポイント〜キッチン編〜

忙しい夫婦にオススメの家事ラクポイント〜キッチン編〜 イメージ

こんにちは!
ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。

毎日のことだから家事の時間はできるだけ短くしたいですよね! 家事の時短や効率は、家の中の「動線」で大きく変わります。今回はキッチンの家事ラクを叶えるポイントを当社の設計士に聞いてみました!

「横の動き」を主体とした動線

家事ラクを叶えるポイントは、「いかに無駄な動きを短くできるか」。キッチンでの無駄な動きとは「移動」です。専業主婦なら1日8時間、仕事をしている主婦なら1日4時間を家事に使っていると言われています。そのうちのほとんどが実は「移動」に使っているんだとか! 驚きますよね。

買い物した食材を取り出す、冷蔵庫に食材をしまう・出す、食器を出す・しまう、料理の合間に洗濯や掃除をする・・・作業を洗い出してみると本当に移動だらけ。家事にはつきものの「振り向く」という動作も実は苦痛に感じるそうなんです。

だから、NEXTの家では「横の動き」を主体として、振り向く動作を極力減らした短い動線を提案。キッチンの裏側に作ることが多いパントリーや洗面脱衣所もキッチンの横につくっています。家事をよく知っている女性設計士の視点を取り入れながら、どこまでも使いやすいキッチンをカタチにしています。

食器棚やパントリーを選ぶポイント

キッチンは、カウンターが漢字の「二」のように並列した二の字タイプが主流。食器やキッチングッズなど収納したいモノが少ない方には、腰ぐらいまでの高さの収納棚のみを提案しています。上部の空いたスペースを利用して壁面にタイルを貼ったり、オシャレなオーブンや炊飯器を置いてインテリアとしても楽しむスペースに。モノが多めの方には、吊り戸の収納をプラスして、上下の収納の間を遊びのスペースとして使っていただいています。

キッチンも料理をするだけの場所ではなく、遊びゴコロを感じる楽しいスペースになるように。家事の効率と時短を叶えながらライフスタイルが楽しくなる家づくりをお届けしています♪