ネクストライフデザイン

ネクスト通信
2021/03/18

【よくある質問】世帯年収いくら位から建てられますか?

【よくある質問】世帯年収いくら位から建てられますか? イメージ

こんにちは!
NEXTの家の広報担当です。

皆さんが家を建てるときに一番の心配事と言えば、住宅ローンなどの資金のことではないでしょうか? 今回は、ご質問が多い「世帯年収いくら位から建てられるの?」という疑問についてお答えしていきます。

総額から考える世帯年収の目安

住宅ローンは、年収やその方の経済状況によっていくらまで借りられるかが決まります。借入額の1つの指標になるのが「返済負担率」です。返済負担率は、年収に占める住宅ローン返済額の割合を示したもので、一般的には年収に対して20〜25%に収めるのが理想とされています。

エリアや家の広さなどによって差はありますが、NEXTの家の物件総額は3,000万円から。返済負担率を25%で、3,000万円の家を全額住宅ローンで建てる場合、400万円の年収が目安となります。

借入額に対する世帯年収が低い場合

手持ちの資金に余裕がある場合は、可能な範囲で頭金を入れておくで、住宅ローンの借入額を減らすことができます。そのため、世帯年収が低い場合でも住宅ローン審査に通りやすくなります。

また、親と同居の予定がある場合、親との所得合算によって世帯年収を増やすことができます。世帯年収が増えれば、住宅ローンの借入額も増やせます。

住宅ローン減税の活用で税金を減額

住宅ローン減税とは、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税から13年間控除される制度です。例えば、年末の住宅ローン残高が2,500万円の場合、最大25万円が戻ってきます。これを月々の住宅ローンの支払いの一部として充てていくのも方法の1つです。

※控除額は最大で40万円。ローン残高と最大控除額のいずれかの小さい方の額が適用。

ここでご紹介した内容は、あくまでも方法の1つとなります。NEXTの家では、それぞれの状況等を踏まえてご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください!

▼最新のイベント情報を見る >>> https://next-life-design.com/event/

▼見学できるモデルルームを見る >>> https://next-life-design.com/modelroom/

▼NEXTの家づくりを知る >>> https://next-life-design.com/concept/