ネクストライフデザイン

ネクスト通信
2020/11/05

プラスαの家づくり「ロフトがある暮らし」

プラスαの家づくり「ロフトがある暮らし」 イメージ

こんにちは!

ネクスト-ライフ-デザインの広報担当です。

家づくりを考えているお客様からよく聞かれるのが「ロフトってどうですか?」という質問。ロフトがあるとどんな暮らしが叶うのか、今回は実際の活用事例をご紹介します!

小さなお子様の遊び場所に

福岡市城南区にある友丘モデルハウスには、2階の子ども部屋にロフトがあります。そこはまるで秘密基地♪ 階段を上がると、子どもゴコロをくすぐるワクワクのスペースが広がります。縦の空間を活かしたロフトは、限られたスペースに広さをプラス。子ども部屋に十分な広さを確保できない場合にもおすすめです!

寝室にあるシアタールーム

友丘モデルハウスには、夫婦の寝室にもロフトがあります。こちらは、“大人の秘密基地”。シアタールームや読書スペース、趣味のスペースにと、多目的に使っていただけるくつろぎの空間。コンパクトながら、おうち時間を存分に楽しめそうです♪

収納スペースに

ロフトは、季節の家電や思い出の品など出番の少ないアイテムを収納するスペースとしても便利です。お子様が小さいうちは遊び場所として、先々は収納スペースとして可変的に使うことができます。ライフスタイルの変化に合わせて多目的に使えるのも魅力ですよね。

ここまでロフトのメリットをたくさんお伝えしましたが、建築コストがかかることや年を取ってからの階段の負担など、デメリットもあります。家づくりは、“どう暮らしたいか?”が本当に大事。メリットとデメリットをよく知った上で、理想の暮らしに合った間取りを選びたいですね!